works
Floating house in Ogasa

小笠の浮き家

Floating house in Ogasa

地方の田園地帯に建つ住宅である。 田園地帯とはいえ、住宅は街道沿いに密集して建ち並んでいて、その街道から旗竿状に奥まったところに敷地は位置している。 地方のゆとりある敷地と、一方で全方位に隣地の住宅が建ち並ぶ環境の中で、”周囲からのプライバシーの確保”と、”明るく開放的な空間”という一見相反する条件の住宅が望まれた。 そこで、木造の1階と2階の間に、鉄骨フレームを挿入し、壁の無い、全方位に開いた開口部を計画した。 その結果、アイレベルのプライバシーを確保しながらも、斜め上部の空へは全方位に視線が抜ける空間が現れた。

大きめの陸屋根の1階から、細い鉄骨の柱で支えられ、セットバックした切妻屋根の2階が浮いている構成は、現代建築のようにも、高床式の伝統的な建築のようにも見える。 そのアンバランスで多重的な現れ方が、古い日本家屋と近代的なメロン栽培用の温室が広がる、この地域独特の風景と馴染んでいるように思えた。古さと新しさ、閉じつつも開くこと、多様な質が同時に立ち現れることに、新たな建築の可能性を感じている。

用途住宅
所在地静岡県菊川市
WEBarchitecturephoto.net/日本
archdaily/アメリカ
gooood/香港
designboom/イタリア
ibanana/中国
thisispaper/ポーランド
aeccafe/アメリカ
dezeen/イギリス
divisare/イタリア
architonic/スイス
ignant/ドイツ
構造木造一部鉄骨造
敷地面積651.81m²
建築面積92.74m²
延床面積119.65m² (1階79.49m² 2階40.16m²)
設計期間2013.7-2014.7
工期2014.8-2015.2
構造設計金子武史構造設計事務所
賞歴グッドデザイン賞2015
写真太田拓実

Works

Arrows Osteopathic Clinic
Renovation in Shizuoka
3 walls in Fukuroi
Boundary wall in Aino
House in Kosai
Floating house in Ogasa
Hair salon of Transparent mirror

Loading... photoinformation